行事

ハロウィンの仮装、子供の衣装を簡単に手作りできるアイデア5選!

 

047706

 

「ハロウィンの子供の衣装を用意しなくっちゃ!」と頭を悩ませているお母さん、今年は衣装を手作りしてみませんか?

100円ショップで仮装グッズを手軽に揃えるのもいいですが、手作りした方が誰ともかぶらないオリジナル衣装が用意できますよ。

アイデアによっては100円より安く済んでしまいます!!

こちらでは、ハロウィン衣装をとにかく簡単に手作りする方法をご紹介します。

 

 

 

黒いゴミ袋はとても“使える”アイテム!

 

昔からある黒い大きなゴミ袋は、ハロウィン衣装作りにとても便利です。

最近は見かけなくなりましたが、今でもホームセンターに行けば売っていますよ。

 

まずは黒いゴミ袋で3種類の手作りマントができてしまう、この動画をご紹介します。

普通のマント、襟つきマント(ちょっとカッコよく、ドラキュラっぽくなります)、フード付きマント(死神っぽい感じ)の3種がいとも簡単にできてしまいます!

是非ご覧くださいね。

 

また、首と腕を出す穴を開け、頭からすっぽりかぶればワンピースになります。

裾をギザギザに切ったり、腰にベルトやリボンを巻いてウエストを絞ってもいいですね。

これに色紙などで作ったカボチャやガイコツなどを貼り付けると、ハロウィンっぽさを演出できます。

 

 

 

要らないシーツでミイラ

 

まず、要らない白いシーツ、またはパパの白いワイシャツ、白い下着…何でもいいので白い布を用意します。

そして3~4cm程度に細長く切ってゆきます。

次に、子供の服で要らないものを上下用意します。白い服だとなお良いです。

そして、細長く切った布を子供の服に巻きつけて、端を縫い止めてゆきます。

これでミイラ衣装の出来上がりです!

布の切れ端をところどころきちんと止めずに垂らしたり、赤いペンなどで血のようなシミを作ると雰囲気が出るのでおすすめです。

 

本物の包帯を使えば切る手間が省けますが、本物の包帯は結構値段が高いのです。

急いでいる方、布を切るのが面倒くさい方向きです。

トイレットペーパーも安価だし良いのではと思いがちですが、やはりもろい素材なのですぐボロボロになって取れてしまいます。

 

 

 

スカートも100円ショップの材料で作れます!

 

まず100円ショップで、大きい巾着袋を探します。(布団収納用の巾着袋など)

袋の口の、絞る部分を子供のウエストに当て、お好みの長さのところで切れば、スカートの出来上がりです!ものすごく簡単です。

飾りとして、裾部分にリボンやレース(これも100円ショップで売っています)をボンドでぐるっと貼り付けるともっと華やかで素敵になりますよ。

 

 

 

手作りチュチュを100円ショップの材料で作っちゃおう!

 

女の子のお母さんにおすすめ!

わざわざ高い布を買って来なくても大丈夫。

しかも針や糸を使わず、手作りチュチュが作れてしまいます。

使うのはなんと、100円ショップでも手に入る、台所の三角コーナーなどに使う水切りネット!

もし水切りネットに色の種類があったら、混ぜて使っても素敵なものが作れそうですね。

このチュチュを実際に着用する時は、厚手のタイツを履くことをおすすめします。

やはり透けてしまいますし、生地が水切りネットなので肌に当たるとチクチクしてしまいます。

 

 

 

お面は紙に素材をプリントアウト

 

ちょっと厚手の印刷用紙を買って来て、こちらをプリントアウトして切り抜き、ゴムなどをつけて被れるようにすればお面の完成です。

 

・コウモリ

 

・黒猫

 

・フクロウ

 

・カボチャ

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

使えそうなアイデアは見つかりましたか?

100円ショップをうまく使えば安く済ませられますよね。

ゴミ袋でマントを作る方法は、とても安価で簡単にできてしまうので、団体で同じ仮装をしたい時におすすめです。

またはたくさん作ってハロウィンパーティーの初めに子供達に配って、パーティーが終わったらそのまま持って帰ってもらえば良いおみやげになりますね。

 

ロープライスで簡単なハロウィン衣装作り、是非子供さんと一緒に、作る過程も楽しんでくださいね。