行事

紅葉を九州地方で楽しむにはこのスポットはどうですか?

 

 

今回は九州地方です。

九州地方にもたくさんの紅葉スポットがありますので紹介していきたいと思います。

 

 

 

九州地方の紅葉スポット

 

  • 御船山楽園(佐賀県)
  • 大興善寺(佐賀県)
  • 深耶馬渓(大分県)
  • 九州庵(佐賀県)
  • くじゅう連山(大分県)
  • 五家荘(熊本県)
  • 光明禅寺(福岡県)
  • 菊池渓谷(熊本県)
  • 秋月城跡周辺(福岡県)
  • 清水寺本防庭園(福岡県)
  • 久住高原(大分県
  • 仁田峠(長崎県)

 

このうち御船山楽園と大興善寺と光明禅寺と菊池渓谷を紹介します。

 

 

 

御船山楽園について

 

 

狩野派の絵師が完成予想図を作成し、それをもとにつくられた庭園です。

とても荘厳な庭園で特に「ひょうたん池」やふりむき坂」周辺はとても美しいです。

約500本の深紅にモミジが人々の目を魅了します。

11月の中旬ごろが見頃です。

住所:佐賀県武雄市武雄4100

アクセス方法:JR武雄温泉駅→車で5分

       JR武雄温泉駅→嬉野温泉行きJRバス7分→御船山楽園駅下車すぐ

       車の場合は長崎道武雄北方IC→国道34号線経由15分

駐車場有り:無料

時間:8:00~17:00

拝観料:大人(中学生以上)500円、子供200円 

ライトアップ時の拝観料: 大人(中学生以上)500円、子供200円

昼夜通し券: 人(中学生以上)700円、子供300円

TEL:0954-23-3131 御船山楽園

    0954-23-7766 武雄市観光協会

    0954-23-9237 武雄市観光課

 

 

 

大興善寺について

 

 

大興善寺では晩秋に紅く染まった500本のモミジがとてもきれいです。

11月中旬から12月の上旬にかけてが、見頃です。

 

住所:佐賀県基山町大字園部3628

アクセス方法:JR甘木鉄道基山駅→車で10分 

       JR九州新幹線新鳥栖駅→車で20分

       車の場合は九州道筑紫野IC→鳥栖・筑紫野道路園部IC経由5分

       九州道・長崎道・大分道鳥栖IC→車で15分

駐車場有り:有料

拝観料:大人500円、小中学生300円

時間:8:30~日没まで(ライトアップ期間は~20:00)

TEL:0942-92-2627 大興善寺

    0942-92-2653 基山町観光協会

 

 

 

深耶馬渓について

 

 

深耶馬渓は山国川の支流山移川沿いの渓谷です。

一目八景(ひと目で八つの景色が見渡せる景勝地)からの眺望がすばらしいです。

紅葉の見頃は11月中旬ごろです。

住所:大分県中津市耶馬溪町

アクセス方法:JR豊後森駅→バス20分

       大分道玖珠IC→県道28号経由20分

駐車場有り:無料

TEL:0979-54-3111 中津市耶馬溪渋総務課

    0979-22-1111 中津市観光課

    0979-23-4511 中津耶馬溪観光案内所

 

 

 

光明禅寺について

 

 

「苔寺」として知られています。

太宰府天満宮の参道を登り右へ曲がると光明禅寺があります。

「一滴海庭」と、言って青苔で陸を表し、白砂で大海を表した庭園が紅葉とマッチして実に見事です。

住所:福岡県太宰府市宰府2-16-1

アクセス方法:西鉄太宰府線太宰府駅→徒歩5分

       車の場合は九州道太宰府IC→車で15分

拝観料:200円

時間:8:00~17:00

TEL:092-925-1880 太宰府市観光協会

    092-921-2121 太宰府市観光経済課

 

 

 

菊池渓谷について

 

 

菊池渓谷は阿蘇くじゅう国立公園特別保護地区に位置しています。

原生林に加えて阿蘇外輪山の伏流水が流れる渓谷で、その水は名水100選にも選ばれています。

「渓谷美の極地」と称されるほど、その美しさは秀でています。

紅葉の見頃は11月上旬から11月中旬にかけてです。

住所:熊本県菊池市原

アクセス方法:JR熊本駅→熊本電鉄バスで1時間10分

       菊池温泉下車→車で30分

       車の場合は九州道植木IC→50分

       熊本空港→車で1時間

駐車場有り:有料

拝観は無料ですが清掃協力金として高校生以上は100円支払います。

TEL:0968-25-7223 菊池市商工観光課

    0968-27-0210 菊池渓谷管理事務所

    0968-25-0513 菊池観光協会

 

 

 

まとめ

 

九州地方にもたくさんの紅葉の名所があります。

なかでも「渓谷美の極地」である菊池渓谷は、筆者としては見逃せないような気がします。