行事

運動会に持って行くと便利であろうアイテムはこれ!

 

 

先回の記事では運動会のお弁当について書いてみました。

 

今回は運動会に持って行くと便利であろうアイテムについて紹介したいと思います。

 

a4bff6538665019ba41ca82e46ceb509_s

 

 

 

運動会に持って行くと便利なアイテムのリスト

 

  • レジャーシート

場所を確保するのに、また、お昼のときに食事をする際に役立ちます。

 

  • ワンタッチタープテント

暑い日中、日陰は本当に助かります。

特に、おじいちゃん、おばあちゃんや妊婦さんが運動会の観戦に来た時には助かるアイテムです。

 

 

 

  • 折り畳み式チェア

直接レジャーシートの上に座って食事をしたりすることもできますが、折り畳み式チェアを持参するとより快適に過ごすことができます。また、折り畳み式ですから、持ち運びも簡単です。

 

 

  • ポータブルクッション

意外と地面は硬かったり、凸凹があったりするものです。それでポータブルクッションを持参すれば何の心配もなく座ることができあます。

 

 

  • 紙皿、紙コップ、割り箸、スプーン、フォーク、キッチンペーパー、ウェットティッシュ、タオル、ビニール袋

お昼ご飯のときに当然ながら使います。

ビニール袋はゴミの処理に助かります。

 

 

  • クーラーボックス

暑い日に冷たい飲み物は助かります。

熱中症対策のためにも水分の補給は大切です。

保冷剤を持参する際にも役立ちます。

 

 

  • デジタルカメラ

大事な瞬間を忘れたくありません。

また、映像も将来への思い出として撮っておきたいものです。

 

 

  • 三脚か一脚

貴重な瞬間を撮影するのに手ぶれしてしまったら実に残念です。

三脚か一脚を持参しましょう。

学校によっては、三脚を禁止されている場合がありますから、事前に確認しましょう。

一脚は三脚と違ってシンプルで人の邪魔になりにくいです。

 

 

  • 予備バッテリ―

デジタルカメラを持っていても電池やバッテリーが無ければ意味がありません。

万が一のために準備しておきましょう。

 

 

  • 日傘、帽子

完全に日差し対策です。

 

 

  • 日焼け止めクリーム

UV対策を忘れないようにしましょう。

屋外ではたくさん紫外線を浴びる可能性があります。

お肌を守るためにしっかり、日焼け止めクリームを使いましょう。

紫外線はお肌の大敵です。

 

 

 

カメラに関して

 

カメラは、1.高倍率のズーム機能が付いているもの、2.シャッタースピードが調整でき動く被写体に対応できる機能のついているものを持参しましょう。

 

学校の校庭は広いです。

どこにいてもお子さんをしっかり撮影できる機能があると役立ちます。

また、お子さんはスポーツをしています。

動いています。

適切に撮影できるスポーツモードやシャッタースピードを調節できるカメラを持参すると後悔しません。

 

photographer-349871_640

 

 

 

熱中症について

 

みなさん、きちんと熱中症対策をしましょうね。

運動会は屋外です。

天気が良ければ暑くなること間違いありません。

熱中症にかかりやすい環境と言えます。

 

こまめに水分を取りましょう。

喉が渇いてからではなく、30分に1回程度の水分補給を心がけましょう。

ワンタッチタープテントや日傘、帽子をうまく利用して日陰で過ごせるようにしましょう。

体を冷やすため保冷剤をうまく活用しましょう。

ポイントは脇の下とか首筋冷やすと効果的です。

 

 

 

まとめ

 

良い準備をすれば問題なく運動会を楽しむことができます。

事前にちゃんとアイテムをそろえて参りましょう。

 

カメラもスマホや携帯でもいいかもしれませんが、できれば必要に合ったカメラを準備しましょう。

自分の子供の貴重な映像を見逃さないようにしましょう。

 

熱中症対策も忘れないでくださいね。

炎天下、長時間屋外にいるのは危険なことです。

しかし、しっかり対策を講じておけば心配はありません。

万が一体調の異変に気が付いたら、早めに帰宅をして休憩するなどうまく対処しましょう。