行事

ランドセル選びに迷ったらこれ!人気のランドセル【女の子編】

 

 

先回は男の子のランドセル選びについて調べました。

 

今回は『女の子編』です。

 

オシャレに敏感な女の子にとって、ランドセル選びは一大イベントではないでしょうか?

女の子の気持ちとしては「とにかく可愛い色で、可愛いランドセルがいい」と思っているに違いありません。

 

では、最初に女の子に人気のランドセルを紹介しますね。

 

5dd6df6cbe1603dbe165a27c36fc5b16_s

 

 

 

女の子の人気ランドセルランキング

 

  • フィットちゃんランドセル

あい・愛ティアラ(FIT-213)A4クリアファイル収納サイズ 42000円

ロイヤルローズ(FIT-208)A4クリアファイル収納サイズ 55000円

キュートガール(FIT-216)A4クリアファイル収納サイズ 44800円

ポップガール(FIT-219)A4クリアファイル収納サイズ 42000円

 

クローネティアラ 49680円

シャルムローズ 59400円

ファラーシャ 57240円

ピュアハート 44280円

クローネティアラ(コードバン) 68040円 (※コードバンとは馬の革)

 

値段に関してですが、30000円~がおすすめです。

というのは6年間使用する可能性が高いです。

安い買い物をすると長く使用する耐久力に疑問があります。

やはり、丈夫なものを購入するために30000円以上は覚悟した方がいいでしょう。

 

丈夫であることはとても大切な条件ですが、そのほかに体にフィットするもの、軽いものを選ぶことが大切です。

そのためにも、お子さんと一緒に買い物に行ってください。

見た目で選ぶのではなく、実際に背負ってみてどう感じるか確認しましょう。

重さはどうか、フィット感を確認することはとても重要です。

 

さらに、体への負担についても考えてくださいね。

背中の部分にクッションが入っていますか?

ムレ対策がなされていますか?

そうした点も考慮に入れましょう。

 

 

 

牛革について

 

素材として牛革はとても優れています。

牛革のランドセルであれば6年間使用しても簡単に壊れることはないでしょう。

牛革はとても丈夫です。

また、質感も美しいですし、長く使うほど体にフィットしてきます。

 

しかし、欠点があります。

「水」に弱いことです。

 

日本は一年中お天気ということはありません。

雨の日や雪の日もあります。

 

牛革は水に弱いので、どうしてもお手入れが必要です。

専用クリームを塗ったり、オイルを補充する必要があります。

小さいお子さんには少し難しいでしょう。

その点はご両親がする必要があります。

 

利点、欠点を両方考えて決断しましょう。

 

 

 

クラリーノ(人工皮革)について

 

次はクラリーノ(人工皮革)についてです。

クラリーノもとても優れた素材と言えます。

 

軽量で、丈夫で、型崩れしにくく、お手入れが簡単です。

 

「何だ、牛革より優れているじゃないか!?」と、思うかもしれません。

 

しかし、丈夫さは牛革より劣ります。

また、質感も牛革のような質感を期待することはできません。

 

ですから、どうするかは、お子さんとよく話して、実際に見比べてみて判断してください。

 

 

 

安全について

 

近年は子供に対する犯罪も増えています。

お父さん、お母さんにとっては子供の成長は実にうれしいものですが、

心配も付きまといます。

ですから、安全面についても気を配りましょう。

 

リフレクターを確認する。

リフレクターは車等のライトを反射してくれます。

雨のときや夜間の安全のためにリフレクターのついているランドセルを選びましょう。

 

防犯ブザーもしっかりつける。

自治体によっては防犯ブザーを配っているようですが、もしそうでないなら防犯ブザーも念のため購入しましょう。(何かが起きてからでは遅いです。)

 

すぐ手の届くところに取り付けましょう。

首にかけるという方法もあります。

 

安全上の注意として、どんな場所で犯罪が起こりやすいかを子供たちと話しておきましょう。

人通りの少ないところ、階段、エレベーター内、人気の少ない駐輪場、公園などは危険が潜んでいます。

防犯ブザーのみに頼るのではなく、何かがあったら声をだすとか、知らない人にはついていかないといったことを子供たちに教えておきましょう。

また、言葉だけではなく、シュミレーションをしたりして、防犯に対する意識を高めましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

子供の成長は実に喜ばしいことです。

その一環として、小学校に入学するのは、めでたい出来事でしょう。

 

ランドセルを買って準備することはワクワクすることではないでしょうか?

しかし、ランドセルを買って満足するのではなく、防犯、安全面にも注意を払いたいものです。

 

そのような準備をすることで万全の態勢で入学式を迎えましょう。