行事

ランドセル選びに迷ったらこれ!人気のランドセル(男の子編)

 

 

お父さん、お母さん、おめでとうございます!

 

大事な息子さんも新一年生になるのももうすぐで、実におめでたいことです!

 

さて、一年生になるということで色々準備が必要です。

 

その1つに『ランドセル』があります。

 

今回は男の子用のランドセルについて調べてみました。

 

 

 

ランドセルの相場

 

135099

 

大体どれくらいの値段でみなさんはランドセルを購入するのでしょうか?

値段は様々で、安いものから高いものだと70000円くらいのランドセルもあります。

 

しかし、平均的な相場は30000円くらいです。

 

 

 

ランドセルを購入するときの注意点

 

ランドセルは長い付き合いになります。

小学校1年生からスタートして、全うすれば6年生まで使用します。

 

6年間の耐久力があったらすばらしいですね~。

また、毎日学校に通います。

いつもいい天気とは限りません。

雨の日もあるでしょう。

水に対する耐久力も求められます。

 

体も成長します。

1年生のときと6年生では体格が全然違います。

 

そうした要素を考慮に入れると、

・丈夫でキズに強い素材で出来ているもの、

・体にフィットするランドセル、

を選んだほうがいいでしょう!

 

その他の要素として重量も考えた方がいいです。

できるだけ、軽いものを選びましょう。

 

6年間保証を付けているメーカーもあります。

見た目で判断するのではなく、実際にお子さんとお店に買いに行ってください。

試してみて、どう感じるかお子さんに聞いてください。

重さは大丈夫ですか?

体にフィットしますか?

こうした点を確認してください。

 

6年間という期間の付き合いになりますから、衝動買いはやめましょう。

激安の無名のランドセルもやめたほうが無難です。

 

 

 

男の子の人気ランドセルランキング

 

ここで、男の子に人気のあるブランドとランドセルを紹介しますね。

参考にしてください。

 

  • フィットちゃんランドセル

グッドボーイ(FIT-205)A4クリアファイル収納サイズ 39800円

フットボーイ(FIT-212)A4クリアファイル収納サイズ 39900円

ナイト騎士(FIT-210)A4クリアファイル収納サイズ 55000円

モダンクラシカル (FIT-209)A4クリアファイル収納サイズ 45800円

 

リリークレスト 57240円

ファインカウ 63720円

オラージュ 55080円

ベーシック 49680円

 

色は男の子の場合、黒が人気あります。

しかし、黒のほかに茶色、青、緑など色の種類も豊富になりましたので、好きな色を選ぶことができます。

 

素材は人工皮革、クラリーノが主流で全体の70%ほどを締めています。

人工皮革の特長は、軽いこと、丈夫なこと、雨にも強いことです。

理想的な素材ということです。

 

もちろん、牛革も素晴らしい素材です。

天然素材の魅力は使えば使うほど体になじんでくること、そして天然ならではの風合いや高級感があります。

 

ランドセルの大きさですが、A4版クリアファイルが曲がらずに入る大きさがほとんどです。

 

 

 

 

ランドセルの歴史

 

ランドセルの使用は江戸幕末にまでさかのぼります。

当初は軍用に供されていました。

「背のう」と言われていて、今で言うリュックサックのようなものでした。

 

背のうはオランダ語で「ランセル」と言われ、これがのちに「ランドセル」と呼ばれるようになりました。

 

明治時代になると学習院で学生に軍用の背のうに学習用品を詰めて通学させるようになりました。

明治20年に大正天皇が学習院に入学し、そのお祝いとして伊藤博文が大正天皇のためにランドセルを特注しました。これば箱型ランドセルの始まりです。

 

当初のランドセルは高価で、しかも都会でしか使われていませんでした。

 

以前は牛革ではなくサメやアザラシの革を使ってランドセルが作られていました。

もちろん、耐久性は十二分で多くの人に重宝されました。

 

その後、昭和26年から牛革が普及するようになりました。

 

まだまだ、高級品でしたが、昭和30年以降になると全国に普及するようになり、やがて日本の小学生には欠かせないものになりました。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか、みなさん?

 

ランドセルにこのような歴史があったことをご存知でしたか?

ランドセルには長い歴史があるのです。

 

ランドセル選びも慎重にやってくださいね。

何せ6年間のお世話になる可能性が大きいからです。

 

一苦労すれば、自分のお気に入りの一品に出会えることでしょう!

 

少々高い買い物かもしれませんが、6年間お世話になることを考えると納得ではないでしょうか?