秋の結婚式シーズン、結婚式場を選ぶポイントは?

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

image1

結婚式と言うとJunebrideを想像する方や憧れる方も多い事でしょう。

しかし、日本の6月は梅雨です・・・。

梅雨真っ盛りな時に結婚式ってのも・・・雨降って地固まる的な話をする方もいるでしょうけどね~。

日本ではやはり気候的に安定しているのが秋です。

暑からず寒からず、に加えて天気にも恵まれやすいので、日本の結婚式シーズンは秋で決まりってとこでしょう!

では式場はどんな風に選べばよいの?となりますよね~!

 

 

 

スポンサーリンク<br />

結婚式場を選ぶポイントはどんなものが考えられる?

結婚式は一生に一度と考えて後悔したくはないものです。

映画やテレビドラマで見たワンシーンにあこがれて、友だちの結婚式が良かった、いとこの結婚式で感動してしまったなんでいろいろ思いはあると思います。

では、皆さんが結婚式場を選ぶポイントにはどんな物があるのでしょか?

結婚式場を選ぶ際に必ず行くものがあります、ブライダルフェア―です。

ただ単に参加して「すご~い!」「かわいい~!」なんてだけでは、到底式場は決まりもしません。

二人で意見のすり合わせをしなければなりません。

この意見のすり合わせがきっちりできていないと後々後悔の元にもなります。

それに式場も決まりません!

 

結婚式のスタイル

これが一番最初のポイントになります。

ここで二人の意見が合わない事にはどうにも行きません。

神前式・チャペル式・人前式・仏前式、この辺りでほとんど決まりだと思います。

ではこのスタイルを選ぶポイントは情報収集あるのみです。

結婚式と言うミッションをコンプリートする為には、情報戦を勝ち抜かなければなりません。

インターネットや結婚情報誌・口コミ等をポイントにして、どのスタイルの結婚式が人気なのか、自分がしたいものとマッチするのか等を検討しましょう。

 

結婚式場・披露宴会場のタイプ

結婚式のスタイルを決めたら次に式場や披露宴会場の選択をしなくてはなりません。

これも無暗に歩き回ったからと言ってきめられるもではありません。

 

レストランウエディング

こちらを選択する場合は、「料理がおいしい」「アットホーム的」「貸切」がキーワードになっています。

会場によっては控室や個室も用意されている所もあります。

 

ホテル

ホテルの最大の魅力は充実した設備とホスピタリティです。

遠方から来ていただく方がいる場合には式の前後日でゆっくりと過ごしてもらうことができます。

高層階の披露宴会場では景色も堪能できます。

 

専門式場

結婚式専門施設と言う事もあり、ブライダル関連の教育を完璧にしているプロのスタッフがポイントになります。

披露宴会場も音響や映像には力を入れている所も多いです。

挙式もありとあらゆるタイプを選択できるのが魅力でもあります。

 

ゲストハウス

ガーデンやプール付き邸宅を貸し切って、自分たちのオリジナルに溢れた挙式ができます。

立食スタイルが多いのもこのタイプで、自由に歩き回って楽しむと言うスタイルです。

 

ここで会場の選択する事にもなりますが、両家のご両親に相談する事もお忘れなく!後は招待する人数にもよって会場の選択は大きく変わってきます。

 

費用

ここが夢の世界から現実に引き戻される所です。

会場やパック料金・招待人数・料理の品数・料理の豪華さ・引き出物などありとあらゆる面で費用は掛かってきます。

二人のなり染め等の映像も全て費用になりますので、全て行うと金額の天井が見えないくらいまでのものから質素な式までもが可能です。

見積もりを確実に取る事でいる、いらないの判断もする事ができます。

但し、見積書には乗らないものもあるので慎重に費用を計算しないと支払い段階で、こんな値段!?って事にもなりかねませんよ~!

 

 

 

まとめ

結婚式場を選ぶポイントをいくつか紹介しました。

式や会場はHPや雑誌でも参考になりますが、実際に行ってみよう!

・・・で行ったところ残念的所もあるものです。

 

結婚式は人生の一大イベントですから誰もが失敗したくはありません。

式・会場・費用については最低限押させておかなければならないでしょう!

正直、食事に関して言えば結婚式をうたい文句にしているので、味はほぼ互角と言ってもいいと感じます。

味覚は人それぞれ違いますから何ともいえませんけどね~

【知らないと損をする結婚式場の選び方】

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ