スマホ手袋の自作と自作したくない人へのおしゃれな既製品はこれ!

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

冬のオシャレなアイテムの一つ手袋。

この手袋をしたまま、スマホを操作できなか?と開発されたのが、スマホ手袋です。

自分の好みとは違う、デザイン性がイマイチなどと思う方もいる事でしょう。

ここで、『自分で作ろう!』と『絶対自分好みの手袋を探す!』と心の中の熱い血潮がメラメラと燃えて来るはずです。

では、あなたは、どちら派ですか?

image1

 

 

 

スポンサーリンク<br />

スマホ手袋の自作って実は意外と簡単なんですよ!

スマホ手袋で自分の好みの物ってなかなか無いと感じる方は大勢います。

デザインが気に入らないけど仕方がないと割り切って既製品を使っている、これしか売っていなかったなど、さまざまな理由で既製品のスマホ手袋を使用している方も大勢いる事でしょう。

でもここで諦めたら、人生後悔しちゃいますよ!

デザインや色が気に入らないなら、自分の好みの手袋でスマホ手袋を作っちゃえばいい~んです!

 

ご用意頂くもの

 

・自分の好みの普通の手袋(皮手袋はやめてください)

・導電糸

・針

・ハサミ

・あなたの創作意欲

 

の以上5点です。

 

製作開始

導電糸を針に通したら、後は普通に、人さし指と親指の部分に導電糸を縫いつけていくだけです。

この時に指の腹?部分だけではなく側面から導電糸を縫いつけることで、スマホを操作するのには便利です。

糸の止め玉?部分は手袋の外側に付けると、芳しくないので内側に止め玉を作る様にした方が見た目がいいですよ!

導電糸を縫っても反応が悪ければ、導電糸を更に縫って下さい。

 

以上です。

意外と作るのって簡単ですよね!

ご近所に導電糸を扱っているお店が無ければこちらをご利用くさだい。

 

 

自作したくないならおしゃれなスマホ手袋を選ぼう!メンズ

それでも、自作したくない方もいる事でしょう。

彼氏に裁縫のレベルの低さを露見したくない!などと思うかたも当然いらっしゃいます。

女性だからと言って全ての方が裁縫が得意な訳ではありませんからね。

彼女からの彼へのスマホ手袋の贈り物を紹介しましょう!

 

ミドリ安全 スマートタッチ フェアアイル

ミドリ安全だからって作業服だけ売っているんではありません。

それにこの手袋は赤外線による保温効果も抜群ときています。

それに手袋付けてスマホをいじっているとツルっと行きそうになりませんか?

そんな対策もミドリ安全なら対策済みです。

 

 

 

スマホ手袋のレディースようもおしゃれなものがありますよ

女性だって可愛いスマホ手袋を使いたいですよね~!

彼氏に買って~!なんておねだりしても良いくらいの金額ではないでしょうか?

えっ!?おねだりするならキラキラ光ってる石ですか~・・・・

 

 

①ノルディック柄 スマートフォン対応手袋 スマホ対応手袋

三つ指タッチが出来てかつ人気の北欧のノルディック柄ときたら当然可愛いですよね~!

それも6色から選べて、彼とのお揃いも可能ときたら最高ではないですか!?

 

 

②テスタバ 男女兼用 スマートフォン対応 手袋 タッチグローブ

かわいいデザインからシックなデザインまであるテスタバのスマホ手袋です。

全12種類もあって彼氏とのお揃いも可能です。

それにスマホ操作性や保温性も抜群ときたら!

 

 

 

スマホ手袋もキャラクターのかわいいものもありますよ

シンプルな手袋も良いですけど、女性ならかわいらしいキャラクターものも有りですよね~!

キャラクターは女性の指先を愛らしく演出もしてくれます。

 

①ミッキーマウス 女性用グローブ スマホ対応レディース手袋 スモールプラネット

ブラウンをベースに赤で模様を編み込んでいてワンポンとでミッキーマウスが付いています。

派手な演出では無くシンプルなので、ちょっとした可愛さをアピール出来ます。

 

 

②スヌーピーレディーススマホグローブ ピーナッツ スモールプラネット

ディズニーと人気を2分するのがピーナッツのスヌーピーです。

スヌーピーの何とも言えない空間が好きな方も多いのでは!?

 

 

 

まとめ

スマホ手袋を自作するかそれとも既製品なのかについて紹介しました。

自分で手をかけた場合は手間をかけた分だけ大事に使用すると思います。

またお気に入りの柄やキャラクターでも同じ様に大事に使用することは間違いありません。

要はどれだけその製品に愛着が持てるかによります。

物は大事に使えば使うほど長持ちもします。

自作も既製品も両方どちらも甲乙つけがたものですから、自分がこれだ!と思った物が一番ではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ