2016-東京の花火大会人気ランキング5選-

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

暑い夏!と言えば、浴衣に花火でしょう。

ということで、今回は東京の花火大会の人気ランキングTOP5をご紹介したいと思います。

dd8db4958d403fa1bb4473551c928048_s

 

 

スポンサーリンク<br />

TOP5 「東京湾大華火祭」

今年で第28回目を迎える東京湾岸上に打ち上げられる中央区の花火大会。

10発の尺5寸玉と100発の尺玉は見応え抜群ではあるが、それ以外にも約1万2000発の花火が打ち上げられるので、自分の好きな花火を見つけるいい機会にもなりそうです。

打ち上げられる尺玉のうち、20発は芸術玉となっているので、そこも見逃せないところでしょう。

また、昨年は豊海運動公園会場がなくなったので、今年は会場があるかの事前チェックも欠かせません。

昨年度は豊海運動公園会場がなく、混雑も例年以上でした。

なお、打ち上げ場所正面の晴海会場で観覧するためには、入場整理券か協賛招待券が必要なので注意して下さい。

100発の尺玉の見応えは、他の花火大会とも引けを取らない圧巻さです。

 

開催場所:東京港晴海埠頭沖海上、晴海ふ頭公園

開催日時:2016年8月6日(土)

18:50~20:10

※荒天の場合は、中止

 

 

TOP4 「葛飾納涼花火大会」

毎年、幾つかのステージのイメージに合わせて、約1万3000発を(約60分)にわけて打ち上げる花火大会で、今年で第50回目を迎える。

葛飾名物で日本最古の花火である「和火」、ユニークな最新花火、昨年大好評のデジタルスターマインはさらに臨場感あふれる演出を追加し、その他にも今年は50回記念として、例年に比べ豪華な花火が葛飾の夜空を彩るでしょう。

毎年期待を裏切らないグランドフィナーレの演出は、例年以上に期待できると言って良いと思います。

私も何度か、葛飾納涼花火大会に足を運んだことがありますが、最初から最後まで時間を忘れてしまうほど魅了される花火大会です。

 

開催場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

開催日時:2016年7月19日(火)

19:20~20:20

※荒天の場合は、2016年7月20日(水)に延期

 

 

TOP3 「江戸川区花火大会」

東京都江戸川区と千葉県市川市で同時開催する大規模な花火大会。

昨年は、趣の違う8つのテーマでプログラムを構成されていたが、今年も趣向を凝らしたプログラムになっています。

恒例の5秒で1000発を打ち上げる圧巻のオープニングに始まり、金色の線が垂れ下がるような金冠でフィナーレを迎えるまでの約75分間。

次々と切り替わる演出に、本当に目が離せない出来です。

私はこの江戸川区花火大会の金冠フィナーレが好きで、仕事があっても最後には間に合うようにと思ってしまう程です。

 

開催場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)

開催日時:2016年8月6日(土)

19:15~20:30

※荒天の場合は、2016年8月7日(日)に延期

 

 

TOP2 「隅田川花火大会」

第39回目となる今年の隅田川花火大会。

1733年(享保18年)の江戸中期に始まった「両国川開き花火大会」を継承する、伝統、格式共に関東随一の花火大会。

東京都の隅田川で2つの会場に分けて打ち上げられます。

第一会場では、大会の目玉でもある計200発の花火コンクール玉を含む約9350発が、第二会場ではスターマインなど約1万650発が花開く。

第一会場、第二会場共に例年、混雑しているので子連れの方は、お子様とはぐれないよう十分注意して下さい。

第一会場、第二会場共に見にいきましたが、場所によって見る角度が異なるので、同じ花火を見ているのに違う花火を見ているような気になります。

是非、見比べをしてみて下さい。

 

開催場所:桜橋下流~言問橋上流(第一会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第二会場)

開催日時:2016年7月23日(土)

19:05~20:30

※小雨決行。荒天時は2016年7月24日(日)に延期

 

 

TOP1 「足立の花火」

約100年の歴史を持つ花火大会。

隅田川花火大会と並ぶ歴史を持つ花火大会です。

「夏の花火は足立から…」をテーマに、荒川に約1万2000発が打ち上げられます。

昨年は新企画として2つの観客参加型の花火を実現されました。

子供が絵に描いた花火を実物の花火で再現する「こどものゆめをかなえるはなび」と、伝統のナイアガラで流れる音楽を、5曲の候補の中からみんなの投票で決定した「みんなの『いいね!』で音楽花火」。

観客参加型の花火は、なかなかないので、足立の花火独特の催しと言えます。

今年も観客参加型の花火を楽しみながらの、夕涼みが楽しめることでしょう。

隠れた楽しみといえば、屋台です。

花火を楽しみながら、一緒に屋台も楽しめるのが、いいところです。

開催場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

開催日時:2016年7月16日(土)

19:30~20:30

※荒天の場合は、2016年7/17(日)に延期、両日荒天の場合は中止

 

 

まとめ

夏になったら様々な場所で花火大会が開催されますね!

詳しい情報は公式サイトなどを調べてみて、みんなで楽しみましょう!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ