クリスマスデートの最重要課題!?デート服のポイント【男性編】

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

クリスマス。年に一度の大切な日のデートで何を着て行こうか?

いくらデートのプランや彼女へのプレゼントに趣向を凝らしても、残念な服装になってしまっては台無しです。

今回は素敵なクリスマスデートにするために、ロケーションや年代別に、選び方やポイントなどをまとめてみました。

095442

 

 

 

スポンサーリンク<br />

服装はロケーションやシチュエーションに合わせて

せっかくのデートなので高いレストランを予約したのに、着ていく服が動きやすい普段着のヨレヨレTシャツでは雰囲気に合いませんし、何よりおめかしした彼女に残念な思いをさせてしまいます。

普段のデートももちろんですが、特別なクリスマスデートには特にロケーションやシチュエーションに合わせた格好をすることが大前提です。

 

テーマパークや遊園地など、アトラクションのあるスポットに行く場合、動きやすい服装がよいでしょう。

革靴など固めの靴は、かっこ良く履きこなしていても、足に負担がかかるため、たくさん歩くことになる遊園地デートにはやめておいたほうがいいでしょう。

スニーカーはラフなイメージがありますが、アウターに暖かいファー付きのジャケットとトップスにボタンダウンのシャツとカーディガンを合わせるなどをすればオシャレに見える上、動きやすく疲れも少ないのでオススメです。

プラネタリウムや水族館などでのデートも基本的に動きやすい服装がオススメです。

遊園地やテーマパークと違い、静かで大人しい雰囲気ですので、ジャケットなどでセミフォーマルなイメージで固めると好印象です。

レストランなどで夜景を見ながらのディナーデートの場合、フォーマルにまとめた服装がオススメです。

ただ、フォーマルというとスーツのイメージですが、まるっきりスーツだと堅苦しくなってしまいがちなので、セミフォーマルぐらいの感じでまとめると良いでしょう。

基本的に動きまわることが無いため、白のシャツやライトグレーのニットなどに黒や紺のダークカラーのジャケットを羽織り、スラックスやスリムなパンツに革靴なども足元が引き締まって見えます。

 

 

年代別のオススメポイント

学生の方の場合、カジュアル・ストリート・アメカジやセレクトショップ系など多様にありますが、清潔感を感じさせる服装を心がけ、キレイ目にまとめることがポイントです。B系やお兄系などは相手によっては嫌がられるので注意が必要です。

古着などでダメージの多い、ボロボロ系のものを好んで着る方もいますが、こちらも相手を選ぶので気をつけましょう。

20代の方は学生の方よりも大人のコーディネートを意識してください。

相手の女性が大人っぽいファッションになるので、合わせるようなイメージで、B系やストリート系などは控え方が良いでしょう。

シンプル系にワンポイントでブランド物を使い、大人の印象をもたせると女性からのウケが良いでしょう。

30代の方は、年齢的にフォーマル・セミフォーマル・ラフの選択が若い方に比べ容易だと思いますので、デートプランや相手の方に合わせてコーディネートしましょう。

「シンプルで爽やか」を基本にコーディネートすると相手の印象も良い物になるでしょう。

全年齢共通ではありますが、シンプル系のコーディネートの中に、時計などアクセサリでワンポイントを加えるのもオススメです。

 

 

 

まとめ

普段がラフな格好であれば、スーツで決める、など、普段とのギャップを感じさせる服装もポイントが高く、女性からも「そのギャップが良い」という評価をよく耳にします。

色やサイズ感など、自分に合うものが中々わからない!という方は、通販サイトのモデルの格好を参考にするのもオススメです。

最近の通販サイトは様々な体型やファッションスタイルのモデル写真がありますので、非常に参考になります。

それでは、良いクリスマスを!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ