クリスマスにプレゼントしたい花の種類や花言葉は?

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

クリスマス!

大切なあの人に何をプレゼントしようか?毎年悩みのタネになる人もいるかと思います。

指輪、洋服、趣味の品?お店ではクリスマス商戦で様々なモノが並び、目移りしてしまいますが、今年は花のプレゼントなどはいかがでしょうか?

155cccc583efbfbe4c7bc369c2d7e088_s

 

 

 

スポンサーリンク<br />

クリスマスの花は?

色鮮やかなクリスマスカラーの赤、白、緑で定番の花というとバラ、ポインセチア、ベゴニア、クリスマスローズなどが代表的です。

それぞれの花がどんなものなのか、花言葉とともにご紹介しましょう。

 

 

バラ

数えきれないほどの多種多様な品種があり、中でも赤い品種はクリスマスに限らず、プレゼント用の花として不動の人気を誇るバラ。

バラ科の花で、茎の部分に鋭いトゲがあるので、取り扱い時には注意が必要です。

花言葉は色や状態によっていくつかありますが、代表的な赤いバラの花言葉は「愛情」、「美」、「情熱」

 

 

ポインセチア

トウダイグサ科の花で、花言葉は「私の心は燃えている」「祝福する」「聖なる願い」。クリスマスの花として定番中の定番。

キリスト教においてはイエス・キリストの血の色「赤」と、永遠の命を意味する「緑」をもつクリスマスの花とされています。

北欧では赤い色が魔除けの力があると考えられているため、ポインセチアは魔除けの花とされています。

実はメキシコ産で寒さに弱いため、プレゼントする相手には寒さと水のやり過ぎに気をつけ、日光に当てるように伝えましょう。

 

 

ベゴニア

まるでバラの花のような美しさのベゴニアはシュウカイドウ科の花で、白・ピンク・赤の色があり、花言葉は「片思い」、「愛の告白」、「幸福な日々」

片思いの花言葉はベゴニアの葉が左右不揃いのため、歪んだハートの形に見えることから由来していると言われます。

ボリューム感があり、多年草で長い間楽しめる花です。

 

 

クリスマスローズ

クリスマスに咲くバラに似た花ということから名付けられた、うつむいたように咲く花が特徴のクリスマスローズ。

ローズという名前ではありますが、バラの仲間ではなく、キンポウゲ科の花でヨーロッパ原産。

ヘレボラスともいわれ、花言葉は「慰め」、「いたわり」

花言葉を体現するような清楚な白やピンクの花を咲かせます。

その根は古くは薬として使われていましたが、基本的には毒性があるので注意しましょう。

 

 

 

花束で?アレンジメントで?

プレゼントに花を選んだ時、一番頼りになるのは花のプロであるお花屋さんです。

馴染みのない人は勇気がいるかもしれませんが、どんな人に、どんな目的でプレゼントしたいのか?プロである彼らに遠慮無く相談してみましょう。

上記の花以外にもオススメの素敵な花を、予算・目的に合わせて提案してくれます。

花束とアレンジメントの違いですが、花束は文字通り花を束ねた物、アレンジメントは吸水性のスポンジに挿してカゴなどに詰められた物で、同額の場合、花束のほうがアレンジメントに比べカゴ代の分花が多くなります。

渡す相手やシチュエーションなどで選べますが、普段あまり花を飾らない方や一人暮らしの方へはアレンジメント、普段から花を飾る習慣がある方へは花束を贈ると喜ばれます。

また、生花だけでなく、最近では特殊な製法で枯れることなく長く花を楽しめるブリザーブドフラワーも人気です。

赤・白・緑のクリスマスカラーでシンプルなプレゼントもアリですが、最近はイルミネーションを連想させるシルバーやゴールドのアクセントカラーを加えた花束、アレンジメントも人気です。

 

 

 

まとめ

今年はアクセサリーなどのプレゼントだけではなく、お花屋さんで色とりどりのクリスマスフラワーの中からお気に入りをチョイスして、花束やアレンジフラワーなど一緒にプレゼントして花言葉を隠れたメッセージを大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ