ボジョレーヌーボーって白やロゼもあるの?気になる値段は?

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

先回はボジョレーヌーボーについて書きました。

 

その由来や何で11月第三木曜日なのか、また、その製造方法について書かせていただきました。

 

今回もボジョレーヌーボーについて書きたいと思います。

 

wine-792877_640

 

 

 

スポンサーリンク<br />

ボジョレーヌーボーに白はあるのか?

 

ボジョレーヌーボーを店頭で見るのは赤ワインです。

では、ボジョレーヌーボーの白ワインはあるのでしょうか?

 

答えは、「ありません」です。

白のボジョレーヌーボーはありません。

 

ボジョレーヌーボーをつくるぶどうのガメイ種は赤ワインをつくるための品種です。

「ロゼ」もありますが、ほとんどは「赤」です。

そして、「白」はありません。

 

 

 

もう少し詳しくボジョレーヌーボーについて

 

興味深いことにフランスではA.O.C法(原産地統制呼称)という法律があり、ワインに関する、使用するぶどうの品種やその栽培地域、醸造・熟成方法などが細かく取り決められています。

 

それで、ボジョレーヌーボーに関しては「その年にボジョレーで収穫された、ガメイ種のぶどう100%であること」が義務付けられています。

 

少々、ガメイ種について、説明します。

ガメイ種はガメイ・ボジョレー種とも呼ばれています。

世界の60%はボジョレー地域で栽培されています。

軽いタンニンはフルーツ感を生み出し、わずかな酸味によってさわやかな味わいを演出します。

ですから、ガメイ種はフルーティーでフレッシュなワインを生み出すことができます。

 

前回の記事でボジョレーヌーボーは本来その年の出来をチェックする目的があると書きました。

そのため、通常のワインと違って早く醸造し出荷する必要があります。

ですから、マセラシオン・カルボニックという醸造方法が用いられます。

 

 

 

ボジョレーヌーボーのおいしい飲み方

 

通常のワインですと、寝かせておけばどんどん熟成が進んでいきますが、ボジョレーヌーボーは熟成しません。

ですから、早めに飲み切ることが大切です。

遅くとも翌年の春までには飲み切ったほうがいいです。

開栓したならば、その場で飲み切るか、早めに飲んでしまいましょう。

酸化が進み、味が落ちるだけです。

 

飲み方は、冷やして飲んだ方がおいしく飲むことができます。

通常のワインは冷やすと渋味が強調されてしまします。

それで、室温(15~20℃前後)が好まれています。

一方、ボジョレーヌーボーは渋味が控えめで、冷やした方が清涼感を楽しむことができます。

ですから、飲む前には1時間くらい冷蔵庫に入れて冷やしておくことができます。

もしくは、オシャレな容器に氷水と共に冷やすことができます。

 

 

 

ボジョレーヌーボーの値段について

 

よく見るとボジョレーヌーボーには値段の違いがあることがわかると思います。

あるものは1000円くらいで買えたり、他のボジョレーヌーボーは2500円くらいだったりと違いがあります。

 

何が違うのでしょうか?

 

ボジョレーヌーボーも畑や生産者によって価格が変わってくるのです。

日本でも日本酒の醸造の仕方はそれぞれ異なりますよね。

同じように、ボジョレーヌーボーも畑や生産者によって味が変わってくるのです。

 

例えば、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーは、ボジョレー地区の北側に位置する、指定された38村で生産された新酒のことです。

 

最高級品のクリュ・ボジョレーはさらに産地が指定されています。

限定された村は、10ほどあり、その1つはモルゴンです。

限定されていますから、それだけ、味も期待できます。

 

 

 

まとめ

 

いかがですか、みなさん?

今回はボジョレーヌーボーについてさらに詳しく書かせていただきました。

 

ボジョレーヌーボーにも種類があります。

値段も種類によって異なります。

プレゼントとして送る場合には、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーかクリュ・ヌーボーがお勧めです。

値段に見合った味を堪能することができます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ