2015年の体育の日はいつ?由来は?運動するメリットは?

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

 

みなさんに質問します、「体育の日はいつですか?」

 

そうです、2015年は『10月12日(月)』です。

以前は10月10日が体育に日でしたが、ハッピーマンデー制度により10月の第二月曜日が体育の日として祝日になります。

 

では、どのようにして体育の日がスタートしたのでしょうか?

その由来を見てみましょう。

 

taiikunohi01ill

 

 

 

スポンサーリンク<br />

体育の日の由来について

 

体育の日の由来は、ズバリ「東京オリンピック」です。

1964年に東京オリンプックが開催されました。

 

東京オリンプックの開会式が10月10日だったのです。

記念として、1966年から10月10日が「体育の日」として、国民の祝日に制定されました。

その目的は、国民の祝日に関する法律によると、

「国民がスポーツを楽しみ、健康な心身を培う日」です。

 

そのような日ですから、各地にあるスポーツ施設の使用料が割引になったり無料になったりします。

それで、近所にある施設をチェックすると得をするかもしれません。

 

 

 

体育の日が10月10日になったことに関するエピソード

 

先ほど、体育の日が10月10日、つまり東京オリンプックの開会式に関連して制定されたと書きました。

 

どうして、10月10日に開会式が行われることが決定されたのでしょうか?

 

1959年に「日本の戦後の復興を世界に見せる為、(開会式は)絶対に晴れの日を選びたい」という要求が気象庁の大野義輝氏のもとに届きました。

それで、秋晴れの10月が選ばれ、調査の結果、10月10日か10月15日になりました。

 

10月15日が候補として挙げられていましたが、15日は木曜日でした。

一方、10日は土曜日だったので10月10日に決まりました。

 

 

 

 

運動のメリット

 

みなさんは運動が好きですか?

ひょっとすると苦手かもしれません。

 

しかし、どうでしょうか?

体育の日を機会に運動の大切さを再認識してみるのはどうですか?

体育の日は国民がスポーツを楽しみ、健康な心身を培う日です。

 

では、スポーツをすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

たくさんのメリットがあります。

メタボの改善、予防ができます。

つまり、見た目を良くすることができます。

誰にとってもカッコイイボディは魅力的ですよね。

 

さらに、精神面での効果もあります。

筋トレや有酸素運動は軽度から中度のうつ病に薬と同程度の効果を期待できます。

ストレスによる不安を軽減できます。

 

また、免疫力の活性を図ることができます。

 

いいことばかりですね。

見た目の改善だけでなく、精神的にもポシティブな思考を持つことができるのです。

 

運動は有益だ!ということはわかっても、「それでも運動は面倒だ!」と感じる方どうすることができるでしょうか?

 

 

 

運動嫌いを改善する方法

 

まず、最初に考え方を変えましょう。

「やらねば」から「やろう」に変えましょう。

「やらねば」という強制的な考え方だと、やる気は出ませんし、楽しむことはできません。

それで「やろう」という考え方に変えましょう。

また、運動することのメリットを考え続けることも役立ちます。

 

短時間で運動する、という方法があります。

時間を長くダラダラ運動していると、苦痛な時間がより長く感じられてしまいます。

それで、一度に複数の部位を動かす複合的な運動して短時間で結果が出るように努力をしましょう。

もし、楽しくなってきたら少しずつ運動の時間を増やしていくことができます。

 

生活の一部にすることもできます。

例えば、エレベーターやエスカレーターを使うのをやめて階段で上り下りするとか、あるいは会社から帰ってくるとき一駅早く下車して一駅区間分歩くとか、自動車をやめて自転車にするとか、という方法です。

生活の一部にして運動を楽しむことができます。

 

 

 

まとめ

 

体育の日は自分の日常生活の中で、どれくらい運動が占めているかを考える良い機会だと思います。

大人の人は一週間に中強度の運動を150分やると良いと言われています。

中強度の運動とは、汗をかく程度の運動です。

およそ、一日20分~30分程度の運動になります。

 

健康はとても大切です。

体が元気でなければ、おいしい食事もありませんし、楽しく旅行に行くこともできません。

体は資本です!

ですから、「健康の心身」を維持するために運動に励みましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ